イベント概要

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年、「介護難民」が大幅に増えることが危惧されています。
これを防ぐ一つの方法として、地域での運動や趣味活動を介護予防につなげる「通いの場」が自治体から注目されています。「高齢者の健康寿命をどう伸ばし、要介護者をいかに減らすか?」。自治体が抱える大きな課題を、職員に過度な負担をかけずに「通いの場」の活用で解決しようと動き出した先進事例を紹介します。

オンデマンド配信期間

2022620日(月)〜710日(日)

プログラム

[開会挨拶、基調講演]
通いの場をはじめとする介護予防の推進について
厚生労働省 老健局長   土生はぶ 栄二えいじ 氏
[解説]
介護予防浸透への課題
時事通信社解説委員   前村 敦 氏
[特別講演]
武豊町憩いのサロン 〜住民主体の介護予防〜
愛知県武豊町 健康福祉部福祉課長   篠﨑 奈緒美 氏
[特別講演]
「通いの場」活用による介護予防のPDCA
日本老年学的評価研究(JAGES)機構 代表理事/
千葉大学 予防医学センター教授
近藤 克則 氏

お申込み

セキュリティの都合などで当セミナーのホームページにアクセスできない場合は、FAX申込書をダウンロードしていただき必要事項をご記入の上、セミナー事務局へFAX送信してください。申し込み完了後、視聴用のURLが記載されたメールをお送り差し上げます。

※参加申込専用フォームは、インターネットに接続したPCやスマートフォンの端末でお申込みください。

個人情報の取り扱いについて

本セミナーの参加申込で取得する個人情報は、弊社の内部規則に基づき厳重に管理するとともに、協賛企業(トーテックアメニティ株式会社)と共同利用させて頂きます。
また、弊社及び協賛企業から各社の事業における情報提供(広告・宣伝メール、メールマガジンなどを含む)、営業活動、Web閲覧状況の分析等に利用します。

※参加申込専用フォームは、インターネットに接続したPCやスマートフォンの端末でお申込みください。