健康寿命をのばす保険施策とは

 日本における平均寿命は過去最高を更新し続け、男性81.09歳、女性87.26歳(2017年・厚生労働省調査)に達しました。高齢化がますます進むなか、健康寿命(=医療や介護に依存しない期間)をいかに伸ばしていくかが、地方自治体の保健施策でも最優先課題になっています。
 そこで、骨粗しょう症による骨折リスクの増大をはじめ骨・筋肉・関節などといった運動器の機能低下(ロコモティブシンドローム)への対策や、介護が必要な手前の段階である「フレイル」を予防するための手立て、医療と介護の連携について、国の方針、最新の医療動向、検診率を上げる取り組み、自治体の政策展開の事例等を具体的に紹介いたします。
 市民がいきいきとした豊かな生活を過ごせる地域を目指すためのセミナーです。

 開催概要


今回は東京、大阪、仙台の3都市での開催となります。詳細は以下をクリックして開催地ごとの案内をご覧ください。