イベント概要ABOUT

日時
2019年7月19日(金)13時~17時30分頃(開場:12時00分)
会場
時事通信ホール / 東京都中央区銀座5-15-8
定員
150

プログラムPROGRAM

12:00 受付
13:00
(15m)
[基調報告]内閣府 政策統括官(防災担当) 青柳 一郎 氏
「南海トラフ地震の新しいガイドライン策定の背景と防災対応検討の意義」
13:15
(45m)
[基調講演]名古屋大学教授・減災連携研究センター長 福和 伸夫 氏
「南海トラフ地震の新ガイドラインで自治体や企業に期待したいこと」
14:00から休憩(15m)
14:15
(20m)
[自治体事例紹介Ⅰ]静岡県 危機管理部 危機政策課 板坂 孝司 氏
14:35
(20m)
[自治体事例紹介Ⅱ]愛知県碧南市 経済環境部長 永坂 智徳 氏
14:55
(15m)
[民間企業プレゼンテーションⅠ]バイドゥ株式会社 国際事業部 國井 雅史 氏
「準備できてますか?訪日中国人に向けた防災情報の発信とコミュニケーション
   ~中国語サイトの表示速度、百度地図避難所マップの紹介~」
15:10から休憩(15分)
15:25
(20m)
[自治体事例紹介Ⅲ]徳島県 危機管理部次長 坂東 淳 氏
15:45
(20m)
[自治体事例紹介Ⅳ]高知県黒潮町 産業推進室室長補佐 友永 公生 氏
16:05
(15m)
[民間企業プレゼンテーションⅡ]
   日産自動車株式会社 日本事業広報渉外部 担当部長 大神 希保 氏
  「電気自動車が蓄電池に?電気自動車を活用した災害対策」
16:20から休憩(15分)
16:35
(55m)
-17:30
[パネルディスカッション]
【コーディネーター】
時事通信社 解説委員(静岡大学防災総合センター客員教授)
中川 和之 氏
【コメンテーター】
名古屋大学教授・減災連携研究センター長 福和 伸夫 氏

【パネラー】
・内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(調査・企画担当)付 企画官 古市 秀徳 氏
・愛知県碧南市 経済環境部長 永坂 智徳 氏
・徳島県 危機管理部次長 坂東 淳 氏
・認定NPO法人 災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード
副代表理事(元練馬区防災課係長) 高橋 洋 氏

会場案内MAP

時事通信ホール

  • 東京メトロ日比谷線・都営浅草線
    「東銀座駅」下車6番出口 徒歩1分
  • 都営大江戸線
    「築地市場駅」下車 徒歩4分
  • 東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線
    「銀座駅」下車 徒歩7分
  • JR「有楽町駅」下車 徒歩12分

お申込みAPPLICATION

  • セキュリティの都合などで当セミナーのホームページにアクセスできない場合は、当FAX申込書に必要事項をご記入の上、FAX送信してください。折り返し受付確認のメール、受講票メールを送信いたします。セミナー当日は、受講票メールをプリントアウトしたものと、お名刺2枚をお渡しください。
  • 参加申し込みが定員150人に達した段階で締め切りとなりますので、お早めにお申し込み下さい。
  • 募集締切後に申し込みを頂いた場合は受講票はお送りせず、メールにて募集締切の案内を致します。

個人情報の取扱について

  • 時事通信社は、個人情報の保護が弊社の社会的責務であると考え、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守します。
    お預かりした情報の取り扱いについて弊社は、本セミナーの主催・協賛・後援・出展企業等に、お客様の情報を提供する場合があります。この場合に提供する情報は、お客様個人を識別できない形式とし、団体法人名、部署名のみとします。
    弊社のプライバシーポリシーにつきましては以下のサイトに掲載しております。

プライバシーポリシー