防災シンポジウム

近年、国内外で大地震や台風による洪水の発生などの自然災害が多発しており、非常事態に備え、自治体と企業による連携強化が一層求められております。
先の熊本地震では、従来、地震発生が少ないと言われてきた地域での被災であったため、他地域でも、いつ・どこで起こってもおかしくない問題として、自治体や企業の防災・BCP担当者にとっては、喫緊の課題となっております。
また、熊本地震を契機に、自治体や企業の防災・BCP担当者の防災に関する考え方や必要とする情報の内容、気になる方向性などが大きく変わってきております。

そこで、11月25日(金)に、「熊本地震から考える~自治体・企業間連携のあり方とは~」と題し、シンポジウムを開催いたします。
本シンポジウムでは、熊本地震の際、実際の活動に携わった政府・自治体や企業の担当者にご登壇いただき、緊迫する現場で対処した事例と最新の防災対策について語っていただきます。また、パネルディスカッションでは、「どう進める? 災害に備えた民間と自治体の連携」をテーマに、自治体や企業の防災担当者を交えて、熊本地震が発生した際に現場が必要としていたこと、実際に対応したことなど今後求められる防災対策について語っていただきます。

開催概要

[日 時] 2016年11月25日(金)13:00~17:20(受付開始:12:00)
[会 場] 時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル2階)
[主 催] 日刊工業新聞社、日刊工業出版プロダクション、時事通信社
[特別協賛] THK株式会社
[定 員] 150名
[参加費] 10,000円(テキスト代、情報交換会参加費、消費税込み)

プログラム

13:00~14:00

基調講演「熊本地震発生の前と後では、どのような変化があったのか」

静岡大学 教授 岩田 孝仁 氏

14:00~14:20

内閣府講演「内閣府が取り組む防災対策」(仮)

内閣府 官房審議官(防災担当) 緒方 俊則 氏

14:20~14:40

自治体講演「自治体が取り組む防災対策」(仮)

熊本県 知事公室長 坂本 浩 氏

14:40~14:50

休憩

14:50~15:30

企業講演①

株式会社セブン&アイホールディングス 事業システム企画部 オフィサー 西村 出 氏

15:30~16:10

企業講演②「免震・制震と防災対策~熊本地震への対応と取り組み」(仮)

THK株式会社 取締役副社長 今野 宏 氏

16:10~16:20

休憩

16:20~17:20

パネルディスカッション「どう進める? 災害に備えた民間と自治体の連携」

自治体や企業の防災担当者、メディアを交えて、熊本地震が発生した際に現場が必要としていること、
実際に対応したこと、県外から見た防災対応について語っていただきます。

・コーディネーター

時事通信社 解説委員 中川 和之 氏
静岡大学 教授 岩田 孝仁 氏

・パネリスト

内閣府 官房審議官(防災担当) 緒方 俊則 氏

熊本県 知事公室長 坂本 浩 氏

株式会社セブン&アイホールディングス 事業システム企画部 オフィサー 西村 出 氏

THK株式会社 取締役副社長 今野 宏 氏

17:30~19:00

情報交換会

※プログラムおよび出演者などは予告なく変更する場合がございます。予め了承ください。

お申し込みはこちら
チラシダウンロード
アクセスマップおよび会場までの交通機関
会 場
時事通信ホール
(東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル2階)
 
アクセス
・東京メトロ日比谷線・都営浅草線の東銀座駅(6番出口)から徒歩1分
・都営大江戸線築地市場駅(A3出口)から徒歩4分
・東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線の銀座駅から徒歩7分
・JR有楽町駅から徒歩12分

【お問い合わせ先】

『防災シンポジウム』運営事務局

日刊工業新聞社 業務局 イベント事業部

TEL:03-5644-7222 E-mail:bousaisympo@kibanken.jp