空き家対策の処方箋 特定空き家判定、対策計画、利活用のヒント

定員に達したため、募集は終了しました。多数のお申し込みを頂き、誠にありがとうございました。

日 時 2015年8月28日(金) 13:30〜16:30(開場13:00)
会 場 時事通信社 本社705会議室 (東京都中央区銀座5-15-8) 会場案内
参加費 10,800円(参加・資料代・税込) ※定員100名・事前申込制・先着順

お申し込み

 セキュリティの都合などで当セミナーの申込サイトにアクセスできない場合は、FAX申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX送信してください。
 セミナー当日は(1)お名刺(2)参加費10,800円(税込)を受付にてお渡しください。受講料の当日支払いが難しい場合(セミナー終了後の振込を希望される方)はご相談下さい。

※参加申し込みが定員100人に達した段階で締め切りますので、お早めにお申し込みください。

プログラム

(諸事情により講演順や演題等が変更になる可能性がございます)

13:30〜14:30(60分)
富士通総研経済研究所 上席主任研究員 米山 秀隆 氏

「空き家問題の現状と自治体が取るべき方策」 質疑応答
(空き家をめぐる現状、特措法概要、自治体各種基準の策定、先進事例など)

14:30〜15:10(40分)
足立区 都市建設部建築室 建築安全課長 渡辺 隆史 氏

(仮題)「足立区の特定空き家(老朽家屋)に関する考え方」 質疑応答
(足立区の老朽家屋対応の流れ、今後の課題)

15:25〜15:45(20分)
(公社)全国賃貸住宅経営者協会連合会(ちんたい協会) 代表理事(会長) 川口 雄一郎 氏

「賃貸住宅としての空き家の活用について」 質疑応答

15:45〜16:30(45分)
国土交通省 住宅局 住宅総合整備課長 北 真夫 氏

「我が国の空き家対策、今後の方向性」 質疑応答
(各地の問合せ事例、今後の方針など)

トップに戻る