マイナンバー制度導入に伴う条例制定セミナー

募集は終了しました。多数のお申し込みを頂き、誠にありがとうございました。

テーマは「マイナンバー条例の基本的考え方」及び「モデル条例(案)の解説」

日 時 2015年2月16日(月) 13時00分〜17時00分(開場12時)
会 場 阪急グランドビル 26階会議室 大阪市北区角田町8番47号  会場案内
主 催 時事通信社(協力:第二東京弁護士会自治体法務研究会)
参加費用 10,800円(参加・資料代・税込) ※定員100名・事前申込制・先着順

お申し込み

 セミナーに参加ご希望の方は、申込書に必要事項をご記入、捺印のうえ、FAXにて送信してください。一両日中に受付確認メールをお送りします。
 セミナー当日は(1)本申込書、(2)お名刺、(3)受講料10,800円(税込)を受付にてお渡しください。受講料の当日支払いが難しい場合(セミナー終了後の振込みを希望される方)はご相談ください。

※参加申し込みが定員100人に達した段階で締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。

プログラム

各プログラムにつき15分程度の質疑応答の時間を設ける予定です。

13:00〜13:50 基調講演『マイナンバー法に伴う条例改正の基本的考え方』

内閣官房 社会保障改革担当室 参事官 阿部 知明 氏

13:50〜14:50 講演I『特定個人情報保護評価制度とPIA』

立命館大学 情報理工学部 教授 NPO法人情報セキュリティ研究所 理事 上原 哲太郎 氏

15:00〜16:00 講演II『マイナンバー条例(モデル案)の解説』

全国町村会法務支援室長 弁護士 大田 裕章 氏

16:00〜17:00 講演III『伊丹市のマイナンバー制度導入への取り組み』

伊丹市 総合政策部 政策室 主幹 池田 昌寛 氏

(諸事情により講演順や演題等が変更になる可能性がございます)


トップに戻る