自治体の少子化・子育て対策


日本の人口減少が危惧されているなか、「少子化・子育て支援対策」は、全国都道府県・市町村にとっても大きな課題となっております。本シンポジウムでは、国政、都市部、地方部の行政関係者、大学教授など、様々なお立場の方々にご登壇頂き、全国自治体職員が抱える課題解決に向けたヒントを探ります。

日 時 2014年11月25日(火)13:00〜17:00(開場:12時〜)
会 場 「時事通信ホール」 東京都中央区銀座5-15-8  会場案内
参加費用 参加無料 参加定員:300名 事前登録制・先着順の受付となります
その他 当日、シンポジウムに関わる各種資料を配布予定

お申し込み

  • セキュリティの都合などで当セミナーのホームページにアクセスできない場合は、FAX申込書に必要事項をご記入のうえ、FAX送信してください。折り返し受講票をメール送信致します。セミナー当日は、メール送信された受講票をプリントアウトし、必ず受付にお渡し下さい。
  • 参加申し込みが定員300人に達した段階で締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。募集締切はiJAMP バナー広告と申し込みホームページでご案内します。
  • 募集締切後に申し込みを頂いた場合は受講票はお送りせず、メールにて募集締切の案内を致します。
  • 時事通信社は、個人情報の保護が弊社の社会的責務であると考え、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守します。弊社のプライバシーポリシーにつきましては以下のサイトに掲載しております。

プライバシーポリシー

※当日ご参加頂きました方に対して、主催者よりお電話やメール等によりイベントについてのご感想をお聞かせ頂く場合がございます。

  • 参加申込専用フォームへ
  • FAX申込用紙ダウンロード

プログラム

(諸事情により演題等が変更になる可能性がございます)

13:00〜13:15 開会 【シンポジウムの趣旨説明】

13:15〜13:45 【基調講演】

参議院議員:森 まさこ 氏
(前女性活力・子育て支援・消費者及び食品安全・少子化対策・男女共同参画担当大臣)

「少子化危機突破に向けて」

13:45〜14:45 【自治体、国の取り組み】

1. 東京都 三鷹市長:清原 慶子 氏

「協働で進める、安心して子どもを産み、育てることができるまちづくり
              〜三鷹市の子ども子育て支援の歩みから〜」

2. 島根県 邑南町長:石橋 良治 氏

「女性と子どもが輝く邑南町 〜攻めと守りの定住プロジェクト〜」

3. 厚生労働省 大臣官房審議官/兼内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局次長
  木下 賢志 氏(雇用均等・児童家庭、少子化対策担当)

「地方創生と少子化対策」

14:45〜15:00

休憩

15:00〜16:00 【パネルディスカッション】

東京都 三鷹市長:清原 慶子 氏/島根県 邑南町長:石橋 良治 氏/中京大学 現代社会学部教授:松田 茂樹 氏
モデレータ(1 more Baby 応援団 事務局)

16:00〜17:00【懇親・情報交換会】

会場隣接のギャラリースペースにて開催

▲トップへ