iJAMP自治体実務セミナー「日本農業の成長産業化を目指して」

iJAMP自治体実務セミナー
「日本農業の成長産業化を目指して 〜未来に繋げるヒントとは〜」

第1部 基調講演

「攻めの農林水産業の推進について」

農林水産大臣
林 芳正氏

 また、農家の経営安定を図る「収入保険」の制度設計に入り、17年の通常国会に関連法案を提出する方針を表明。現在の農業共済は自然災害で収穫が減った場合に共済金が支払われ、対象品目も限られている。収入保険は、全作物を対象に豊作で価格が下がった場合も支払われる安全網として整備する狙いで、その効果について林農水相は「共済の対象外の作物も農家の判断で自由に生産できるようになる」と説明した。

 林農水相は農協改革にも触れ、「農家のための農協、農家が農協を選ぶとの考え方で、生き生きと地域の農協がいろいろなことをしていただける環境を整えたい」と述べた。

画像

過去のセミナーレポート一覧へ