iJAMP自治体実務セミナーレポート「活力ある農業・地域づくりに向けて」

iJAMP自治体実務セミナー
「活力ある農業・地域づくりに向けて 〜6次産業化、地産地消、農地政策〜」

第2部 活力ある地域づくりを目指して/事例紹介(2)

「農地集積で手がける農業振興策
〜農村が直面する課題〜」

島根県出雲市 斐川支所 産業建設課 主事
勝部 宏樹氏
島根県出雲市 斐川町農業公社 事務局長
岡 忠男氏

 「町を一つの農場と位置付け、所有と利用の分離」が斐川地区の農業振興のキーワードだ。農地集積を進める場合、地権者から農業公社が一度借り受けて、それを担い手に貸し出す転貸方式を採用している。こうした手法が可能なのも、田畑のことは農業公社に任せれば安心だという地元の信頼感に支えられているからにほかならない。勝部氏は「農業公社と農家の信頼関係で斐川地区の農地集積は成り立っている」と胸を張った。

 関係者の努力の結果、直近では04年と比較し、地域農業の中核と位置付けられた担い手農家へ集められた耕作地は1163ヘクタールから1476ヘクタールに広がった。斐川地区では担い手の規模拡大は着実に進んでいるようだ。次ページに続く ≫

画像

過去のセミナーレポート一覧へ