iJAMP自治体実務セミナーレポート「活力ある農業・地域づくりに向けて」

iJAMP自治体実務セミナー
「活力ある農業・地域づくりに向けて 〜6次産業化、地産地消、農地政策〜」

第2部 活力ある地域づくりを目指して/事例紹介(2)

「学校給食からはじまる地産地消
〜健康、食育、郷土愛〜

愛媛県今治市 玉川支所長
安井 孝氏

画像

23の調理場で1日 15,300食を用意

 食材に気を付けるだけでない。安井氏は「『いただきます』は、『食材の命を自分の命に代えさせていただきます』という仏教の言葉だということを、小学一年生に教えている」と、小学校低学年から食育を始めていると説明。食品表示の読み方やバランスの良い献立の作り方など、さまざまな取り組みを続けているという。

 給食は、自校式を含め23の調理場で、1日15300食を用意。特に、自校調理の場合、調理員の姿や調理の際の匂いなども、子供たちに良い影響を及ぼすという。調理場ごとに栄養士を配置し、それぞれ別のメニューにすることで、生産量の少ない農産物でも給食に利用できる。安井氏は「調理場の分散で、地元産を入れやすくなった」といい、地元産の有機野菜を積極的に使用。農家も当番制で食材を学校に届けるなど、地域も積極的に協力している。次ページに続く ≫

過去のセミナーレポート一覧へ