『地域主権の確立に向けて』〜指定都市・中核市・特例市に求められる役割〜

定員に達したため、募集は終了しました。多数のお申し込みを頂き、誠にありがとうございました。

開催概要

日 時 2012年10月19日(金) 13時30分〜17時30分(開場12時30分)
会 場 「時事通信ホール」 東京都中央区銀座5─15─8  会場案内
主 催 指定都市市長会、中核市市長会、全国特例市市長会
後 援 全国市長会、時事通信社
定 員 自治体関係者等300名 参加費無料 事前登録制・先着順

お申し込み

 参加申し込みが定員300人に達した段階で締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。募集締切はiJAMPバナー広告と申し込みホームページでご案内します。

 セミナー当日は、メール送信された「受講票」をプリントアウトし、必ず受付にお渡し下さい。

 募集締切後に申し込みを頂いた場合は受講票はお送りせず、メールにて募集締切の案内を致します。

◎セキュリティの関係で申込専用フォームに入れない場合は申込用紙をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込下さい。

プログラム

(諸事情により講演順や演題等が変更になる可能性がございます)


13:30

【開会あいさつ】

指定都市市長会 会長 神戸市長 矢田 立郎 氏
13:40

【基調講演】 「地域主権で求められる都市のあり方」

早稲田大学大学院教授 北川 正恭 氏
14:50

【都市間連携取り組み事例紹介】

浜松市長 鈴木 康友 氏
15:50

【パネルディスカッション】「地域主権の確立に向けて 〜指定都市・中核市・特例市に求められる役割〜」

パネリスト:新潟市長 篠田 昭 氏、奈良市長 仲川 げん 氏、春日井市長 伊藤 太 氏
オブザーバー:早稲田大学大学院教授 北川 正恭 氏
モデレーター:時事通信社 解説委員 上崎 正則
17:20

【閉会あいさつ】

全国特例市市長会 会長 鳥取市長 竹内 功 氏

トップに戻る