全国自治体の幹部および交通・環境・商工政策担当職員・議員の皆様へ

定員に達したため、募集は終了しました。多数のお申し込みを頂き、誠にありがとうございました。

2010年はEV元年とも言われ、多様な4輪、2輪の次世代環境車が発売されました。

あなたの町では温暖化対策は進んでいますか? 担当者必聴のセミナーです。

○相次いで発売された4輪・2輪EV車。その普及状況、技術水準、製品化の現状と今後を展望します。

○産業構造や社会生活への影響、経済への波及効果、環境やエネルギーに果たす役割を考えます。

○4輪・2輪での先進事例報告を通じて、自治体が牽引すべき役割を探ります。

○自治体の施策を支援する諸制度の現状と今後について関係省庁担当者が解説します。

  • 主催
  • 時事通信社
  • 協賛
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 後援
  • 経済産業省
  • 国土交通省
  • 環境省
  • 全国知事会
  • 全国市長会
  • 全国町村会
  • (以上申請中)
日 時 2011年1月27日(木) 13時25分〜17時45分(開場12時30分〜)  
会 場 「時事通信ホール」 東京都中央区銀座5─15─8  会場案内
参加費用 参加無料 ※参加定員300名・事前登録制・先着順の受付となります。

参加申し込み

参加申し込みが定員300人に達した段階で締め切りますので、お早めにお申し込み下さい。募集締切はiJAMPバナー広告と申し込みホームページでご案内します。

セミナー当日は、メール送信された「受講票」をプリントアウトし、必ず受付にお渡し下さい。

募集締切後に申し込みを頂いた場合は受講票はお送りせず、メールにて募集締切の案内を致します。

セキュリティの関係で申込専用フォームに入れない場合は申込用紙をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込下さい。

【パネルディスカッション 関係省庁の政策担当者へ】のコーナーでは、受講される皆様よりご質問を受付ます。「参加申し込み専用フォーム」→申込者情報入力後「本セミナーへのご意見ご質問があればお書きください」にご記入の上お申し込みください。ご質問の多い事項について時間の許す範囲で取り上げたいと思います。


募集期間は終了しました。多数のお申し込みを頂き、誠にありがとうございました。
なお、セミナー当日配布される資料はiJAMP画面内で配布いたします。

プライバシーポリシー

プログラム

(諸事情により講演順や演題等が変更になる可能性があります)

13:25《開会》
13:30【市の事例紹介】「低炭素社会をめざすエネルギーと環境のまち柏崎市の取り組み」
新潟県柏崎市 ものづくり活性化センター副主幹(新エネルギー・環境産業) 村山 康成 氏
14:00【特別講演】「かながわのEVへの挑戦」
神奈川県知事 松沢 成文 氏
15:00〜15:15 休憩
15:15【都道府県の事例紹介】「かながわのEV普及プロジェクト報告」
神奈川県 環境農政局 環境部 交通環境課長 山口 健太郎 氏
15:45【基調講演と提言】「低炭素社会に向けた自動車の電動化に関する将来展望」
早稲田大学教授 大学院環境・エネルギー研究科長 環境総合研究センター所長 大聖 泰弘 氏
16:25〜16:40 休憩
16:40 【パネルディスカッション 関係省庁の政策担当者から】
「次世代のエネルギーとインフラへの支援・助成制度 現状と今後を展望する」
経済産業省 製造産業局 自動車課 電池・次世代技術室長 辻本 圭助 氏
国土交通省 都市地域整備局 街路交通施設課 企画専門官 中村 健一 氏
環境省 水・大気環境局 自動車環境対策課長 山本 昌宏 氏
17:45 《閉会》

トップに戻る

お問合せ先

時事通信社「自治体実務セミナー事務局」
申込登録に関するお問合せ:03-6804-1433     セミナー内容に関する問合せ:03-3524-6965
専用E‐Mail:kansoku@seminar-jiji.jp