iJAMP自治体実務セミナーレポート:「関係人口」から考える地域への多様なかかわり方

画像
画像

基調講演

農業の未来に向かって ~農業の新しい働き~

農林水産大臣

𠮷川 貴盛 氏

◇スマート農業目指す

画像

 ビデオメッセージにより基調講演した農林水産相の吉川貴盛氏は「1989年に324万人だった基幹的農業従事者は2018年には145万人に減少した。農畜産業の有効求人倍率は全産業平均を上回る。平均年齢は67歳で、40歳以下は約1割とアンバランスだ」と指摘、深刻な人手不足と高齢化の中で農業の未来を切り開いていくための三つのポイントを挙げた。

 まず、AIやロボットなどの先端技術を活用したスマート農業だ。一人で複数台を操作できるロボットトラクター、手間がかかる水田の水管理をスマホで行うシステム、AIを活用して熟したトマトを判別し、夜間でも無人収穫が可能なロボット。吉川氏は「スマート農業を速やかに社会実装したい」と意欲を示した。

 次が、農地の分散を解消するための集積・集約化の加速だ。三つ目が女性など多様な人材が活躍できる環境づくり。吉川氏はまた、働き方の工夫として自動車メーカーのトヨタの『カイゼン』方式を採り入れ、無駄を徹底的に省いた事例や、女性が持つ消費者目線を生かした販売・加工を進めるため、短時間・フレックス制度を導入する事例を紹介。さらに「農泊の推進により旅行者を増やし、農業の魅力を広げる」などとし、「技術革新を含め農業は大きく変わっていく」と強調した。

講演プログラム

画像

ご挨拶

全国農業協同組合中央会長

中家 徹 氏
画像

多様な担い手による地域づくり

徳島大学総合科学部 准教授

田口 太郎 氏
画像

JA全農おおいたにおける労働支援の取り組み

JA全農おおいた 園芸部直販課長

花木 正夫 氏
画像

農的暮らしがつくるコミュニティと多業の可能性

一般社団法人上山集楽など

水柿 大地 氏
画像

人づくり・地域づくりの可能性

パネリスト

田口 太郎 氏 ほか