iJAMP 自治体観光セミナー2018 地方空港の活用とリージョナル航空の可能性を考える ~新たな観光ニーズを探りわが街に人を呼び込め!~

パネルディスカッション

リージョナル航空で地域を活性化させる

モデレーター:北海道大学公共政策大学院特任教授 石井 吉春 氏
パネリスト:富士山静岡空港社長 出野 勉 氏
       フジドリームエアラインズ社長 三輪 徳泰 氏
       宮城県土木部次長 金子 潤 氏
       北海道稚内市長 工藤 廣 氏

◇リージョナルが新たなモデルに

【金子】4月、FDAに仙台―出雲線に就航してもらった。これにより東北地方と山陰地方の人的交流がより一層活発になると期待しており、今後のモデルになってもらいたい。せっかく飛んでいただいたこともあり、宮城県と島根県双方で誘客キャンペーンなどもやっている。8月の仙台七夕祭りには島根県、FDAの皆さまにも、いろいろブースも出していただいた。この取り組みがさらに宮城県、仙台空港と四国や九州などの間にも広がっていけばありがたい。

【工藤】航空機がバスやタクシーと同じように気軽に使われる方向に向かっていることを常々実感している。FDAが稚内空港に就航して、ジェット機が全国各地から飛んで来る姿を見て、今後への期待が膨らんでいるし、将来はリージョナル航空が都市間を結ぶ新たなモデルの中心的な存在になると思っている。

【石井】パネルディスカッションはここで終わるが、地方空港とリージョナル航空の組み合わせの可能性を、ご来場の皆さんに確信していただき、それぞれの場所で新たな展開をしてもらうことが、地方空港や地域経済、交流人口の増大につながっていくと思う。そうした取り組みをお願いしたい。

画像

地方同士が直接交流

静岡県副知事 難波 喬司 氏

画像

観光立国に地方空港の役割大

国土交通大臣 石井 啓一 氏

画像

国内航空客が1億人突破

国土交通省 航空局 航空ネットワーク部長 久保田 雅晴 氏

画像

「お客さま満足度日本一」を

富士山静岡空港 社長 出野 勉 氏

画像

FDAチャーターが回復支える

北海道稚内市長 工藤 廣 氏

画像

地域間交流で地方を発展させる

フジドリームエアラインズ 会長 鈴木 与平 氏

画像

【パネルディスカッション】
リージョナル航空で地域を活性化させる

北海道大学 公共政策大学院 特任教授 石井 吉春 氏など