iJAMP自治体実務セミナーレポート「農業における連携と地域づくり」

画像
画像

キーワードは「連携」

画像

 知恵と工夫で農業を成長産業にしよう―。その手掛かりとなる「農業における連携と地域づくり―地域活性化を目指して」をテーマにしたセミナー(時事通信主催、JAグループ協賛)が、11月中旬、東京・銀座の時事通信ホールで開かれた。これまで市場に出せなかった野菜を農家の収入に変えるなど弱みを強みに変えた成功例や、県を超えて互いの地域資源の特長を生かした広域連携の取り組みなどが紹介された。

 セミナーの冒頭、全国農業協同組合中央会(JA全中)常務理事の石堂真弘氏は「2015年に開催した第27回JA全国大会で、 農業者の所得増大、農業生産の拡大、地域の活性化という三つの基本目標を掲げ、JAグループを挙げて全力で取り組んでいる」 とあいさつ。「17年、農林漁業と商工業の5団体が地方創生に関する連携協定を締結した。 これらを通じて6次産業化などを進め、地域の発展につなげたい」と述べ、連携が鍵だと指摘した。

(2017年12月)

事例紹介(1)

画像

「ファーマーズマーケット(農産物直売所)を起点とした地域・自治体との取り組み」

おうみ冨士農業協同組合

川端 均 氏

滋賀県のおうみ冨士農業協同組合食育園芸部長の川端均氏が「ファーマーズ・マーケットおうみんち」の取り組みを紹介した。08年にオープンした「おうみんち」は、地域農産物の直売所、バイキングレストラン、生産者と消費者の交流施設から成る・・・

事例紹介(2)

画像

「新たな連携をつくった伝統ある地域資源」

赤穂市 建設経済部永石 一彦 氏
田辺市 農林水産廣畑 賢一 氏

忠臣蔵の赤穂浪士とともに知られる兵庫県赤穂市の塩。南高梅で有名な和歌山県田辺市の梅。二つの地域資源によるコラボレーションが、地域を超えた連携として注目を集めている。15年に全国史跡整備市町村協議会近畿地区協議会が田辺市で開かれた際、両市の市長が・・・

講演

画像

「農業とともに栄える地域への挑戦」

鳥取県知事

平井 伸治 氏

日本一の水揚げ量を誇るカニをはじめ、ラッキョウやカキ、ナシ、和牛など農産物が豊富な鳥取県だが、全国的な知名度は低いという。県知事の平井伸治氏は巧みなジョークを交え・・・

基調講演

画像

「日本農業のこれから」

農林水産大臣

齋藤 健 氏

基調講演した農林水産相の齋藤健氏は「一にも二にも、人口減少がこれからの日本農業に大きな重し、直面する最大の課題になってくる。・・・

新しい取り組み(1)

画像

「農泊の推進」

農林水産省 農村振興局 農村政策部長

太田 豊彦 氏

政府は現在、農家民宿(農泊)を推進中だ。農水省農村振興局農村政策部長の太田豊彦氏は修学旅行や教育旅行が中心だったグリーンツーリズムが・・・

新しい取り組み(2)

画像

「農山漁村地域を活性化させるインバウンド都市農村交流について」

株式会社百戦錬磨 代表取締役社長

上山 康博 氏

民泊・農泊の予約サイトを主事業として運営する百戦錬磨社長の上山康博氏は「地域の文化に触れてもらい、地域の人々と交流する。広義の農泊を広げていくことが地方創生につながる」と語った。・・・

パネルディスカッション

画像

「連携・交流と地域づくり」

全国農協青年組織協議会 副会長水野 喜徳 氏
おうみ冨士農業協同組合 食育園芸部長川端 均 氏
赤穂市 建設経済部 地域活性化推進担当部長永石 一彦 氏
田辺市 農林水産部 梅振興室長廣畑 賢一 氏
ロハス・ビジネス・アライアンス 共同代表大和田 順子 氏
時事通信社デジタル農業誌Agrio編集長増田 篤