地域ICT/IOT特集

地域情報化アドバイザーインタビュー

XXXXXXXXXX

本格的な人口減少時代が目の前に迫っている今、人手に変わる手足や目となるIoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を地方自治体で活用していくことは避けられないが、一方で導入のハードルはまだまだ高いと感じる人も多いはずだ。中央大学総合政策学部の実積寿也教授は「大手システムベンダーに依存しなくても、若い職員が業務で使えるアプリを自作する時代。自治体業務はこれから大きく変わっていく」と語る。

全部見る

全国のICT/IOT優良事例

ゼロスペック株式会社

LPWAを活用した「スマートオイル センサー」で灯油配送の効率化を図る

ゼロスペック株式会社は、IoTやデータを駆使してイノベーション創出を目指すスタートアップ企業だ。現在、灯油の効率的な配送を実現する「スマートオイルセンサー」の開発・運用に向けて取り組みを進めている。各地で行った実証実験では着実な成果をあげ、灯油配送事業者や家庭など地域の期待も高まっている。今回は、代表取締役社長の多田満朗さんに開発の経緯やシステムの概要、今後の展開などについてお話を伺った。

【事例紹介】はこちらをご覧下さい。

【概要資料】はこちらをご覧下さい。

相模原市教育委員会

無線環境でのプログラミング教育で、新しい授業を実現

2020年度から小学校~高校でプログラミング教育が必修化されるが、これに先駆けて公立校でプログラミング教育を実施しているのが神奈川県相模原市だ。ベースとなっているのが2017年に策定した情報化推進計画である。今回は、相模原市教育委員会教育局学校教育部教育センター学習情報班の担当課長・篠原真さんと指導主事・渡邊茂一さんに、計画の背景や狙い、取り組みの概要、今後の展開などについてお話を伺った。

【事例紹介】はこちらをご覧下さい。

【概要資料】はこちらをご覧下さい。

藤枝市

真に「選ばれるまち」に向け、日本初のLPWAネットワークを整備

静岡県のほぼ中央に位置し、約14万6,000人の人口を有する藤枝市。数多くのプロサッカー選手を輩出し「サッカーのまち」として知られる同市だが、近年では全国に先駆けて市内全域をカバーするLPWA(低消費電力広域通信)ネットワークを構築しIoT活用実証実験を行うなど「ICTのまち」としても注目を集めている。「ICTで人の流れを呼び込むまちづくり」を掲げる同市の取り組みについて、企画創生部 企画政策課長 兼 ICT推進室長の田中章元さんにお話を伺った。

【事例紹介】はこちらをご覧下さい。

【概要資料】はこちらをご覧下さい。