地域ICT/IOT特集

担当政務官インタビュー

小林史明総務政務官

情報通信技術(ICT)やIoT(モノのインターネット)を活用し、地方自治体の課題解決や地域経済活性化を促そうと、総務省は2020年までのロードマップ(行程表)を策定し、「地域IoT」を推進している。NTTドコモで営業マンも経験した小林史明総務政務官(こばやし・ふみあき)は「ICTの活用で、これまで、もやっとしていた課題や解決策が明確となり、一人一人がケアされる、人が大事にされる時代になる」と意義を強調。「『人口減少しても日本は大丈夫』という楽観の共有こそが、わが国の最も重要な課題である少子化を止めるためのポイント。だからこそ、ICTの社会実装を積極的に進めていかなければならない」と語る。

全部見る

全国のICT/IOT優良事例

長岡フェニックスネットワークで支える高齢者の安心な暮らし

ICTを活用し、医療・介護情報を関係機関が共有し、高齢者の安心な暮らしを地域が支える!

詳細はこちらをご覧下さい。

しずみちinfo・通行規制データのリアルタイム・オープン化

行政が持つ道路情報を高頻度で更新・提供、自治体情報の利用高度化を図る!!

詳細はこちらをご覧下さい。

マイナンバーカードを活用した『帯広市すこやかネット事業』

マイナンバーカードを活用し、予防接種・健診時期等その人個人に合わせた情報を、テレビなどで提供できるワンストップポータルサービス

詳細はこちらをご覧下さい。

オープンデータ活用による地域資源の見える化

社会課題をICTと先端技術の力で解決する

詳細はこちらをご覧下さい。

隠岐島前における教育ICT活用

町の高校存続を目指して始まったプロジェクト。ICT活用で生徒数回復!

こちらをご覧下さい。

Iotの推進に向けて

「光の道交付金」で整備した高度情報基盤を活用し地域の課題を解決
ICTを活用したまちづくりに加え、新たにIoT活用を導入予定

詳細はこちらをご覧下さい。

マイナンバーを活用した電子お薬手帳「南国市健康ポータル」

課題解決のカギは、住民自身が自分の健康に関心を持つこと!

詳細はこちらをご覧下さい。

はこだて未来大学和田先生の取り組み

ICT漁業・養殖業の共創

環境の見える化、資源の見える化、課題の見える化

詳細はこちらをご覧下さい。

ICTを活用した健康先進都市の実現

地域包括ケア情報プラットフォーム

詳細はこちらをご覧下さい。

マイナンバーカードを活用したサービスの推進

母子健康情報サービスとマイタクなどの将来展望

詳細はこちらをご覧下さい。